沼津 スポーツジム「FUTURE」。ドイツ制の最先端サークルしフィットネス「MILON」を導入した未来型トレーニングジム。

MENU
INTERVIEW
トップページ  >  インタビュー  >  後藤 恭利さん
FUTURE アシスタント

後藤 恭利さん

スポーツプロモーターを目指し大学にてスポーツマネジメントを専攻中。楽しくトレーニングができる環境づくりに勵みます。

FUTUREでのアシスタント業務
FUTUREでのアシスタント業務

夢はスポーツプロモーターとお聞きしました。スポーツプロモーターについて教えてください。

スポーツプロモーターとは、大きなスポーツの大会や、山登り、ハイキングなどのイベントを企画から宣伝活動、当日の準備、運営、片付けをするお仕事です。

私自身、小さい頃からバスケットボールを続けているので、バスケットボールはもちろん、
他のスポーツや何か新しいことを始めようとしている方にきっかけを与えられるようなイベントを将来、開催したいと考えています。

楽しくトレーニングができる環境づくりとして、取り組んでいることを教えてください。

私が考える、楽しくトレーニングができる環境とは、スタッフとお客様の仲が良、お互いに目標に向かってモチベーションを高め合える環境だと思います。

その環境をつくるために、私も勤務時間外にトレーニングをしたり、お客様と笑顔で明るく接することを心がけています。

FUTUREのお客様はトレーニングに対する意識が高く、いつも良い刺激をもらっています。また、明るい方も多く、楽しくお客様と接することができます。

私も、お客様が「FUTUREに行けば元気になる」、「楽しい」と思ってもらえるような環境づくりをしていきたいと思います。

トレーナーの皆さんについて教えてください。

FUTUREの皆さんは、大袈裟ですが、家族みたいな存在です。
私は年齢が一番下なので、先輩方に助けてもらってばかりですが、とても優しく頼れる先輩ばかりです。

それぞれ個性があり、全員が夢や目標に向かって努力しているので、私ももっと頑張ろうという気持ちになります。

スタッフ同士の仲の良さがお客様に伝わり、お客様とも仲良くお互いに高め合えるような関係を築いていきたいと思います。

スポーツプロモーターを目指す後藤さんから見たFUTURE を教えてください。

FUTUREは私にとって自分の成長に繋がる環境だと思っています。
スポーツプロモーターになるためには、企画力、運営力、コミュニケーション力が必要です。

FUTUREでは、様々なイベントやキャンペーンなどの企画を計画しているので、企画力、運営力が身に付くと思います。

日頃、お客様と接することでコミュニケーション力も身に付き、学校以外でも成長できると感じています。

FUTUREは、将来のためのターニングポイントになる大切な場所になると思っているので、これからも頑張っていきたいです。