FUTUREスタッフおすすめ!
春~夏のトレーニングウェアの選び方
【FUTURE online】vol.12

2020年3月に2周年を迎えたスポーツジム「FUTURE(フューチャー)」では、
『皆様のFUTURE(未来)を輝くものにするお手伝いをしたい』をコンセプトに、心も身体も元気になる空間で皆様をお迎えしています。

ジム通いやトレーニングを楽しく続けるために大切なツールの一つである『トレーニングウェア』。何を基準に選べば良いか悩むことはありませんか?
今回は「春~夏」をテーマに、FUTUREスタッフが日頃から愛用しているトレーニングウェアの「トータルコーディネート」「選び方のポイント」「お気に入りポイント」をご紹介します。ぜひのトレーニングウェア選びの参考にしてください!

通気性重視!トレーニングに集中したい人におすすめ

鈴木貴大トレーナー

■鈴木貴大トレーナー

  • [トップス]XENO
  • [ボトムス]ノーブランド
  • [シューズ]PUMA
★ウェア選びのポイント

トレーニングの邪魔にならないようにゆったりめのタンクトップを選びました。
素材は通気性のよいものを選んでいます。また、機能性も大切ですが、トレーニングのモチベーションをあげるために「かっこいい!」など自分が着ていて楽しい気分になるものを選ぶのがおすすめです。

☆お気に入りポイント

トップスの「XENO」は、自分自身がトレーニングを始めるきっかけとなったJinさんのブランドです!見た目もかっこいいし、買うことで応援にも繋がると思い購入しています。

機能性&快適さ重視!怪我予防もしっかりしたい人におすすめ

堀井佳代子トレーナー

■堀井佳代子トレーナー

  • [トップス]DANSKIN
  • [ボトムス]New Balance
  • [レギンス]ノーブランド
  • [シューズ]MIZUNO
  • [靴下]AVIA
★ウェア選びのポイント

代謝が良い方なので、汗が目立ちにくく肌触りが柔らかいウェアを選ぶようにしています。また、靴はエアロビクス用のものを使用しています。左右・上下の動きに強い靴なので、トレーニング中の怪我予防に繋がります。
靴下は足袋ソックスを履いています。足先で地面をしっかり捉えることができるので、こちらも怪我予防をすることができるのでおすすめです。

☆お気に入りポイント

愛用している靴は、同じ型のものをデザイン違いで3足持っています。その日のウェアとのバランスを考えて着用しています。

アクセントカラーで決める!かっこよくトレーニングしたい人におすすめ

佐藤一輝トレーナー

■佐藤一輝トレーナー

  • [トップス]MIZUNO
  • [ボトムス]THE NORTH FACE
  • [シューズ]Nike
★ウェア選びのポイント

もともとサッカーをしていたので、トレーニングウェア=サッカーウェアです。
デザインは、落ち着いた色を選ぶことが多いですが、遠くから見ても目立つようにアクセントカラーを取り入れるようにしています。

☆お気に入りポイント

サッカー選手のアントワーヌ・グリーズマンやデビッド・ベッカムに憧れています!彼らは長袖しか着用していないので、自分も真似をして長袖のトレーニングウェアを選んでいます。

マタニティもOK!冷え性対策&快適性重視の人におすすめ

深澤はづきトレーナー

■深澤はづきトレーナー

  • [トップス]ノーブランド(産前産後OK)
  • [ボトムス]DESCENTE
  • [レギンス]無印良品(マタニティ)
  • [レッグウォーマー]IONDOCTOR
  • [シューズ]PUMA
★ウェア選びのポイント

トップスはトレーニングの邪魔にならないように、タンクトップを選びます。それに対してボトムス類は冷え対策のために、レッグウォーマーは秋~春にかけて着用するようにしています。
また、「動きやすさ」を重視して選びたい人には、短パン+レギンスもおすすめです。

☆お気に入りポイント

産前産後に使用できるトップスがお気に入りです。授乳もできる作りなので、長い期間使用できます。

ポップカラーを取り入れる!自分のテンションをあげたい人におすすめ

石川健次郎トレーナー

■石川健次郎トレーナー

  • [トップス]DESCENTE
  • [ボトムス]Nike
  • [レギンス]UNDER ARMOUR
  • [シューズ]Reebok
★ウェア選びのポイント

昔はモノトーンのウェアを選ぶことが多かったですが、最近は色味のあるものを選ぶようになりました。
男性としては小柄な方なので、キッズの160cmサイズを選ぶことも。キッズウェアの方がデザインが可愛いものや派手なものが多いので、遊び心を込めて取り入れることがあります。

☆お気に入りポイント

靴を気分や用途によって使い分けています。基本的には3種類をルーティーンしています。ウェアとのバランスを考えて選ぶようにしています。

街中でも着れる!お洒落にトレーニングにしたい人におすすめ

新井智絵トレーナー

■新井智絵トレーナー

  • [トップス]Nike
  • [ボトムス] who's who gallery
  • [シューズ]addidas
★ウェア選びのポイント

ショート丈のトップスにハイウェストのボトムスを組み合わせました。ダンスをしているので動きやすいようにボトムスは薄手で伸縮性のあるものを選びました。冷える季節はレギンスと重ね履きしています。
また、トップスは吸湿性のよいコットン素材のものを選んでいます。デザイン性と機能性のどちらもこだわったコーディネートです。

☆お気に入りポイント

黒が好きな色なので、全身真っ黒になりがちです。なので、トップスは背面に大きなデザインがあるものや、ボトムスはラメが入っているものを選ぶことで、重たくなり過ぎないようにしています。

コスパ&快適さ重視!トレーニング中の身体のラインをチェックしたい人におすすめ

久保埜裕太トレーナー

■久保埜裕太トレーナー

  • [トップス]GU
  • [ボトムス]166 Wear
  • [シューズ]GU
★ウェア選びのポイント

かっこよく見えればOK!というルールは決めているのですが、コスパがよくシンプルなものを選ぶようにしています。
また、身体のラインを自分で確認できるように、フィット感のあるものを選ぶようにしています。トレーニング中に「パンプアップ」しているかのチェックもしやすいので、おすすめです!

☆お気に入りポイント

伸縮性のある素材を選ぶようにしています。また、GUの靴は安いだけでなく機能性もあり動きやすいので、トレーニングにもおすすめです。

2021年3月号は!?

次回は、FUTURE3周年記念特集!ステイホームの時間が長くなっている今だからこそ、心身共に健康維持を気を付けたいですよね。そんなFUTUREから皆様へ素敵な情報をお届けします!